現在の閲覧者数:

Entries

富士宮 其の③

北山本門寺の御風入会では、真蹟遺文「上野殿母尼御前御返事」第二十九紙が奉奠。目録解説には、本状は小泉久遠寺所蔵の同第二十八紙の続きで、小泉久遠寺蔵分の終わりが「里やう山浄」で終わっていることから、北山本門寺所蔵分の冒頭は「土へ」と読むべきと解説。なお昭和底本日蓮聖人遺文では、同箇所を「土へ」ではなく「とく」と翻刻している。また日蓮本尊の写しが奉奠されていた。通常、写しの類はお目にかかることが困難で...

富士宮 其の②

③太刀(形 態)一振(寸 法)ツカ二三・六センチ サヤトメニ・六cm サヤ七七・六cm 刃身七0・九cm( 銘 )「宝治二年八月十五日/榊國作」(西暦一二四八)    ※右掲書には「宇都宮弥四郎下野守藤原泰綱為持送日興方江中納言泰奥」とある。以上は、「日蓮宗大本山富士山本門寺根源 平成二十七年度 御霊宝御風入会 奉奠目録」2頁に掲載されたもので、北山本門寺第一の霊宝生御影尊像の御宝前に、本年第二の霊...

池上本門寺霊宝殿特別展拝観

池上本門寺霊宝殿特別展「両山第十八世圓是院日耀聖人」を拝観する。図録などを参照すると、ようするに不受布施派弾圧の後継者というべき人物であろうか。身池対論で池上日樹に勝利した、日遠の高弟の一人と云われる。なお日蓮真蹟としては、建治二年本尊、現存する真蹟としては唯一日蓮墨筆で「天台沙門日蓮」との揮毫が見える「三部経肝心要文」などがあった。展示期間 平成26年10月24日~11月24日の金・土・日曜、祝...

赤札授与「大開帳奉修記念 川崎大師名宝展」展観

5月1日より初詣の三大霊場ともいえる、川崎大師にて10年ぶりの大開帳が行われている。前後して川崎市指定文化財修復記念として特別寺宝展が、お護摩札受付の地下にて開催されている。入場は無料。添付画像の図録も無償配布される。日輪に描かれる弘法大師画像や不動・愛染、両界曼荼羅などが展示される。川崎大師では、10年に一度の御本尊弘法大師尊像の大開帳に併せて、赤札の授与が行われる。赤札は貫首の感得によって、授...

金龍山浅草寺 大絵馬寺宝展と庭園拝観

浅草寺に「大絵馬寺宝展と庭園拝観」の展観に出かける。館内の展示のほとんどは大絵馬である。中に面白いと思ったのが、画像の五輪塔である。五輪それには、地水火風空を逆にして上から「 キャ カ ラ バ ア 」の梵字が刻印されている。併せて埋め込まれている、四十九個の金の円郭部分には、「南無阿弥陀仏」と書かれている。五輪九字ならぬ五輪念仏である。さらにこの五輪塔は、上方左右に月輪、日輪を配している。作成年代...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
「冨士教学研究会 管理者のblog」へようこそ!
宗教(特に富士門流関連)、政治、経済、社会の課題について、自分なりに感想を述べていく場とします。必要に応じ立証形式になる場合もあるかと思いますが、基本は「感想」を述べる場です。ご理解のほどお願い申し上げます。
但し、感想といえども他者や団体等に対するヘイトととらえられる場合、人権・名誉等を著しく侵害し、法令に反すると思われた方は右下の「管理者への連絡」からお知らせください。記事の削除等、必要な処置をとらせていただきます。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索