現在の閲覧者数:

Entries

「公明党への配慮」は公明党の実績に非ず

最近よく耳にする言葉で、「公明党への配慮」がある。これは自民党が政権運営をする上で、本来基本政策に相違のある政党と、数合わせの為に野合している事実を物語っているものであって、決して公明党の政治実績ではないと思う。今回の消費増税先延ばしで、介護報酬の改定が行われ、福祉業界は収入が減る事態となった。公明党が政権にいながら、再び福祉切り捨ては断行されるのである。テロ対策で周辺各国への人道支援に資金援助す...

大切な友人を失う

新年のご挨拶

新年明けましておめでとう御座います。旧年中は、ご高覧並びにコメントを頂戴した皆様、拍手を戴いた皆様、メールを戴いた皆様、本当にお世話になりました。皆様からのご指摘やご教示をもとに、本年も日記を書いていきたいと思います。今はまだはっきりしたことはご報告できませんが、本年は公私にわたり動きのある年になりそうです。本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。...

その瞬間はある日突然やってくる

私が創価学会員時代最後に入会させた友人が癌の為亡くなった。12年前の参議院選挙の時に、同じマンションの創価学会員ではない方と不在者投票に行く約束をしたところ、その方が自分の友達も一緒に連れてきてもいいかというので、当時の私は喜んでお受入れした。ところがいざ予定日当日になると、同じマンションの方は急遽キャンセル。全くの初対面であった、同じマンションの方の友人とのみ一緒に投票に行くことになった。それが知...

明治観音堂

画像は先日都内を散策している時に通りかかった明治観音堂である。正観音の背面に縮小された日蓮大漫荼羅があるのがわかる。御堂の横には題目の入った塔婆もたてられていた。篤信の日蓮宗信徒、新田新作によって昭和二十五年十二月に建立されたものである。「明治観音堂建立の由来」には「本堂は昭和二十年三月十日の戦災に依り死没せる幾多の霊の冥福を祈るため建立す」とある。最も被害者が多かった、昭和二十年三月十日の東京大...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索