現在の閲覧者数:

Entries

森友問題

最近テレビニュースや国会までもが騒ぎ立てる森友学園籠池理事長。

かつては政官財の癒着、政官業の癒着と云われたが、問題提起と共に政官の癒着先も変わってくるものだと思う。

私が某学校法人に勤務していたころは、某自治体は大学を建設するなら土地は無料で提供するといっていた。
現に今、そこでかつて私が勤務していた学校法人が大学を経営している。

私立学校建設に公の立場が絡むことは昔からあったことで、今に始まったことではない。
要するに左派勢力が「教育勅語」を指針とする学校法人に異議を唱えているだけだろう。馬鹿げた話である。

話しは変わるが、学校法人・社会福祉法人で勤務してきた私の最大の長は「理事長」職であった。

理事長とは面白い語で、理と事に長けたものともよめる。

法華経・日蓮仏教では、迹門・本門さらには理と事がかたられる。
例えば創価学会の理事長とは、理と事に長けた人なのだろうか。
実際には事務方のトップといえるだろう。

実は自分もかつて伊豆旅行に家族で行った際、岩科学校で教育勅語の印刷物を購入し今でも所持している。
特別間違ったことが書いてあるとは思えない。

左派勢力の売名は、もちろん6月下旬より始まる都議選を意識しての事だろう。
自民党に背を向け、小池にすり寄った公明党は恥を知るべきだと思う。

とにもかくにも私人を政争の具にせず、国益・国民のための政治政策を望みたい。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索