現在の閲覧者数:

Entries

御礼

合掌 本年も残すところあとわずかとなりました。
コメントを頂戴した皆様、ご高覧戴いた皆様、1年間本当にありがとうございました。

本年は富士門流系・日蓮系の寺院訪問、記憶では博物館なども含め宝物拝観も行わなかったと思います。
加えて、物心ともにお世話になった柳澤宏道上人の御遷化、西山系のパイプ役的存在と思っていた松本氏の実態が明らかになるなど、色々と悲しい事や悩まされることもありました。

日蓮宗教学研究発表大会も、発表もせず聴講にも行きませんでした。
それは他の研究発表大会も同様です。
唯一、行動に出れた勉強会は、1度だけとはいえ「独歩の会」に出席できたことでした。

言い訳としては、アベマTVがネットTV界で猛威を振るい、「格闘」チャンネルまで開設したことも一理あります。
当初はスポーツチャンネルでk-1や修斗、UFCなどを中継していたものの、UFCがダ・ゾーンに放送権限を独占され、それでも格闘チャンネルでクラッシュ、ベラトール、ロードFC、ラウェイ、最近ではパンクラスなどを中継対象として、録画は有料会員以外できないものの、見逃し配信として再放送も行うため、見たい番組が重なっても後から無料で見ることができるようになっており、十分ダ・ゾーンのUFC独占に対抗できていると思いました。
こうした興行が土日に集中し、ほとんど土日はパソコンの前にいました。

また退職によって収入が減り、今は高卒初任給程度の手取り額になり、子供達の進学資金も考慮し、現在の自宅を売りに出すことにしていました。
本年の下半期は、販売業者、買取業者、転居先のリフォーム会社や賃貸物件探し等、かなりせわしなく動いてました。
しかし家内も出産以来となる正社員としての勤務につくことができ、長女も来春卒業、次女の卒業までの学費もキープできたので、あと数年今のところに住むことになりそうです。

この半年の動きが無駄になってしまい、見積もりまでいった業者に年始から商談中止の連絡を入れなければなりませんが、現在のマンションは監視カメラ8箇所、インターホンがエントランス及び玄関前ともに不在であっても映像が一定期間自動録画されるもので、応答中になにか危険を感じればインターホン機器のボタン一つで警備会社に通報ができる最新式のものです。
南西角部屋で日当たりがよく、北東側の居室も朝日が入る、夏涼しく冬暖かい過ごしやすい場所です。
できれば職人の手があき、建材物の物価が下がるであろう、東京オリンピック終了後までは住み続けたいと希望します。
その後の居住場所にかかる費用を、日々の生活を節約して貯めていきたいと思います。
その一環として、電力供給を東電からエネオスに代えました。環境と節約の両方に役立つと思いました。

来年はもう少し動きのある年にしたいと思います。
引き続き、ご高覧を賜れればと存じます。 再拝





スポンサーサイト

コメント

[C2592]

四明さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。
旧年は四明さんあってのブログであったと思います。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

  • 2017-01-01 00:39
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2591]

「扶桑国はこれ神国なり。神国始めて仏国となる」法華取要抄私記
濱野成秋氏が東京スポーツに2日間寄稿していました。真珠湾に飛び込んだ勇者たちの多くは、藁ぶき屋根の農家の出身で、先祖を大切にし、親に孝行し武道の鍛練を忘れなかった。
合掌 南無妙法蓮華経
  • 2016-12-31 18:17
  • 四明
  • URL
  • 編集

[C2590]

蒼い海さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。
また本年も一年間ありがとうございました。

未だ復興の途上にある現場で、ご家族と離れて暮らしてまで職務を遂行される事、大変に尊敬申し上げます。

私は仕事に対して相応の見返りを求めていたため、政治政策という名の財源の問題で、我々の給与の出元となる予算が年々下がっていく事、定員数を増やせば一人当たりの単価が下がること等、公明党が政権に入ってから福祉業界は大変な予算切り捨ての対象となり、まさに「福祉切り捨て」の公明党となりました。その業界に身を置くことが耐えられず退職し、現在はブログに記した有り様です。今だ自公政治に翻弄され続けている自分を情けなく思います。

それでも当面暮らす場所が決まった事で、原発発電を行う東電と決別でき、我が地域ではCO2の排出量も比較的少ない、環境にやさしい天然ガス発電による電力供給に切り替えました。

松本氏に関してはTwitterでリツイートしてあるmixi日記が現実です。お時間がありましたらご高覧いただければと存じます。

年末年始、ご家族と良いお時間をお過ごし下さい。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
  • 2016-12-31 10:57
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2589]

本年もたくさん教えていただき、また心を暖かくする話題も提供いただき、ありがとうございました。住居のことなど大変な中、ブログの更新は有り難く思います。西山系、松本氏はいろいろとご批判もあるとは伺っておりますが、何かあったのでしょうか。いずれにしましても、常識的な人の振る舞いであれば、私は尊敬いたします。悲しいこと、嘆かわしいことが多くなりました。私の仕事場でも、生徒の携帯がらみのトラブル、保護者のクレームの嵐など、本道からはずれたような人の心のさざなみが多くあります。そうした時代だからこそ、管理者様の、ときおり綴られる文がうれしく思います。明日は離れて暮らす家内と息子の街に参ります。次年度も、ご無理のない範囲でブログ更新していただければ幸いです。良いお年をお迎えください。ありがとうございました。
  • 2016-12-30 17:25
  • 蒼い海
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
「冨士教学研究会 管理者のblog」へようこそ!
宗教(特に富士門流関連)、政治、経済、社会の課題について、自分なりに感想を述べていく場とします。必要に応じ立証形式になる場合もあるかと思いますが、基本は「感想」を述べる場です。ご理解のほどお願い申し上げます。
但し、感想といえども他者や団体等に対するヘイトととらえられる場合、人権・名誉等を著しく侵害し、法令に反すると思われた方は右下の「管理者への連絡」からお知らせください。記事の削除等、必要な処置をとらせていただきます。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索