現在の閲覧者数:

Entries

豊洲移転問題

今回、メールにて古参の方より激励を戴いた。久々に心躍った。
宗教も政治も人それぞれで、完全に意を一にすることなどありえない。
そんなクローン信徒・支援者を増殖する教団・政党は、度を越えたカルトであろう。
もとより冨士教学研究会は、有志の思想信条を尊重し、脱会運動や特定政党への投票推奨は行っていない。
この日記の内容も、宗教的にも、政治的にも、全てが肯定されているから、ご高覧いただけているとは思っていない。
この出発地点の考えは今も変わらない。
むしろ、ほんの一部でもご理解や賛同を賜れれば、私は十分満足である。

さて、本題の築地市場の豊洲への移転について、地下水の確認とともに大きな話題となっている。
新都知事の小池知事は、出馬・選挙にあたっては石原親子にあるいは小池を支持した人物は自民党として処分をすると公言され、豊洲市場建設時の元知事には『厚化粧』と批判にもならない老害のディスコメントをあびせられた。
今回、都議会共産党提供の資料まで使用しながら、豊洲市場の下見と問題提起に及んだことは、新都知事として最初の仕事としてインパクトが強く評価に値する一方、石原一族への私怨も感じられる。

かつて池田大作が21世紀は女性の時代といったことがあったが、あながち間違ってはなさそうだ。

最近は総合格闘技(立ち技系の格闘技と異なり、倒れた相手に打撃やチョークなどの攻撃が有効)でも、女性ファイターの試合がメインになる事がある。
それは世界最大の総合格闘技イベントUFCでもそうである。

蓮舫にしても、党首選に際し二重国籍問題などがマスメディアを騒がせたが、全く問題にならなかった。
今後は国政の世界でも女性総理が現れるかも知れない。
どちらかといえば民族派の私は、稲田防衛大臣が首相になったらアジア情勢に変化があると思っている。

豊洲市場では後出しジャンケンのように、都議会公明党も問題提起に相乗りしてきた。
こうした動きには正直腹立たしい。
公明政治連盟時代は、区議会議員などは先駆をきって下水道の中に入ってまで活動したものである。

東京オリンピックまで時間は限られている。
首都東京が世界を受け入れるに相応しい治安と安全を提供できることを願いたい。





スポンサーサイト

コメント

[C2568]

彰往考来さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

流石に理系頭脳の明晰が光りますね。

しかし、その共産党の資料やマスメディアを駆使してまでこの問題を取り上げた、小池都知事は私怨といえども、権力者として復讐すべきはなんでもするという点で、女性ならではの指導力を発揮していると思います。

かつて創価学会婦人部が、本部主導で日顕打倒の怨念唱題会を行っていたように。

  • 2016-09-25 02:05
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2567]

豊洲問題、はっきり言って騒ぎ過ぎ。
共産党が絡むとダメだね。
大体、コンクリートを通れば水はアルカリ性になるのに決まっている。
強アルカリだとほざいていたが、サンプルを素手ですくって、なんともないのに強アルカリかい?
いいか、強アルカリならば手の皮が剥けるぞ。
ヒ素が出た?天然のミネラルウォーターレベルの量で何が問題だ?
ウマシカばかりだね、共産党は。
  • 2016-09-24 19:45
  • 彰往考来
  • URL
  • 編集

[C2565]

四明さん、

度々のコメントありがとうございます。

藤井選手は社団法人プロフェッショナル修斗から猪木ボンバイエに出場した方でしたでしょうか。

奇しくも本日、女子の格闘技”ジョシカク”世界最高峰団体「INVICTA(インビクタ)」がインターネット無料放送のAbemaTVで生中継されますね。

日本ではまもなく、日本総合格闘技の老舗の一つパンクラスが地上波生中継復活を果たします。

成住壊空という言葉がありますが、一度オワコン化した団体の復活、新たな女子選手の活躍といい、時代は常に変化するものだとつくづく感じます。
  • 2016-09-24 07:52
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2564]

女子総合の開拓者に藤井女史がいますが、サンボ出身から顔面フルコンタクトの、かつ視力低下のリスク高い過酷な打撃に耐え、総合に打って出た、勇気に敬意を表さます。とくに美貌で知られた女史があえて総合に出た、たたかう姿に。
  • 2016-09-23 22:41
  • 四明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索