現在の閲覧者数:

Entries

年金受領を辞退せよ

タイトルの通りである。
但しこれは一部の人間に向かって主張したい。
『差別』といわれることも覚悟の上で。

年金をもらっても良いと思うのは、
①質素な生活をしながらも預貯金に余裕がない人で、一定期間年金を納めてきた人。
②良縁がなかった、もしくは子宝に恵まれなかった世帯を除く、子育てを行ってきた人。
③先天的もしくは、中途障害者で受傷までの間、勤労に励み年金を収めてきた人で預貯金に限りがある人。

要約すると、金に余裕があるやつは年金受領を辞退せよ、理由なく子育てしなかった世帯は年金受領を辞退せよといいたい。

最近は各大学にLGBTのサークルが増加しているが、ゲイやレズビアンを理由に子育てをせず、自分たちのその場限りの幸福感に生きた人間も、年金受領を辞退すべきである。
こうした人間たちは、たとえ預貯金が少なくとも年金受領の権利を剥奪すべきである。

我々が今支払っている年金は、我々を産み育ててくれた両親・祖父母などの離職後の生活を支えているのである。
今を勤労に励む世帯は、その子達の納める年金によって支えてもらわねばならない。
よって、子育てをせず、自由気ままに生きたLGBTどもに将来年金をもらう資格はない。
自分を産み育ててくれた親族や社会の為に、今は勤労に励み年金を納め、将来は自分たちの不摂生・わがままを少しでも減らして、預貯金をつくって生活すべきだ。

なんでも権利、権利で、ただのわがままになっている平和ボケの日本人に、特に若者たちに、そして将来の年金機構の財源破綻を知りながらも法整備に遅れている政府に、オワコンブロガーが批判を覚悟で記す。





スポンサーサイト

コメント

[C2560]

ご教示ありがとうございます。無宿日生上人は三度幕府を諫暁された方ですね。幅広い交流が実成寺にはあったのですね。他山の本尊が残っているのは互いに認めあっているという事でしょうか?実成寺の歴史は詳しく分からない所が多くて残念です。
  • 2016-09-02 10:31
  • 地蔵野
  • URL
  • 編集

[C2559]

地蔵野さん、

ご高覧ならびにコメントをありがとうございます。

管見及び資料手放しにて恐縮ですが、まず京都要法寺38世の無宿日生上人の書写した本尊が、板、紙幅とも伊豆實成寺には現存しております。
これは日生上人が實成寺に滞在された期間があった証拠だと思います。

また、京都要法寺41世の日周上人は、顕本法華宗貫首を退き、沙彌として京都要法寺40世で後の日蓮宗興門派初代管長となった日貫上人の弟子となり、京都要法寺の法灯継承前に伊豆實成寺35世として派遣晋山されています。
その意味では、少なくとも近世末から近代初頭にかけて交流があったとは思います。

小泉久遠寺に関しましては、安房妙本寺と両山関係にて日郷門流として考えますと、伊豆實成寺に現存する日興上人以外の確実な真蹟本尊として最古のものは、安房妙本寺・小泉久遠寺13世日継上人のものであり、石山などで三師塔となっている墓所の前衛が、伊豆實成寺では五師塔となっており、中央から日蓮・左右に日興・日目、さらにその左右に日郷・日尊と各聖人・上人の墓石がたちます。

以上のことから、伊豆實成寺は尊門・郷門との交流はあったと思います。

併せて大石寺日精上人の本尊裏書や、上代に勧請されている歴代に西山歴代と同名の貫首が三代続いていることなどから、富士門流諸本山全般と交流があったものと考えております。

以上、ご参考になれば幸甚です。

  • 2016-09-01 21:45
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2558]

彰往考来さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

仰せのとおり過激に記しました。
以前の日記上でのトラブルを受け、当たり障りのない記事が続き、もう役割を終えて良いとも思いましたが、待機児童問題しかり、世の中言ったもの勝ち的雰囲気が根強くあります。
なので、あえて波風立てるような日記を公開しました。
今の日本では同性婚の夫婦が里親になって子育てをすることも困難です。
また差別(しゃべつ)は日本仏教界にもつきもので、広義では日本社会の本音だと思います。

彰往考来さんは、ご病気克服、転職、子育て、研究とあらゆる面で尊敬しています。
私は未熟者なので、ご賛同頂けない部分は多分にあろうかと思いますが、彰往考来さんのご意見は大変参考になり感謝しています。
ありがとうございます。
  • 2016-09-01 21:17
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2557]

すみません。お伺いしたい事があるのですが、明治以前から要法寺と伊豆実成寺には交流があるのでしょうか?また、実成寺歴代のなかに小泉久遠寺の歴代を務めた方がいるようですがこちらも交流があったのでしょうか?何卒よろしくお願いいたします。
  • 2016-09-01 16:28
  • 地蔵野
  • URL
  • 編集

[C2556]

かなり過激なご意見ですね。賛同できない所もありますが、お気持ちはわかります。
子弟を大学に入れると、私立大学の授業料の相場は文系で百万円/年、理系で百五十万円/年です。これに入学金や教科書代、食費、交通費などを勘案すると四年間で一千万円以上になるでしょう。三人もいれば三千万円。これでは親は旅行もせずに(テレビで行楽シーズンに見る海外旅行など夢物語)夫婦であくせく働いて食べていくのがやっとですからね。
子供がいなければこれらが掛からないのですから、そりゃあいい暮らしができます。そして老後は年金で他人の子供たちに養ってもらうのではね。
子供たちは子供たちで貧富の差が大有りで、大学に行くのに下宿などして経済的に足りなくて奨学金という名の借金を背負っていかなければならないとしたらバカみたいです。その奨学金も塾や家庭教師をつけて勉強した成績のよい子が優遇される。全くの格差社会です。それどころか経済的な理由で進学を諦める人もいます。教育の機会は平等であるべきです。
子供は皆の宝というのなら、今の教育にはお金がかかりすぎで、それをなんとかしないと少子化対策なんてできませんよ。女性の輝く世界とか、男女雇用平等とか叫んでもダメです。
  • 2016-09-01 15:04
  • 彰往考来
  • URL
  • 編集

[C2555]

四明さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

宗教とは皆多少なりともカルト性をもったものですね。
私が障害者福祉の仕事に就いたとき、最初の研修期間中にリハビリテーションについて、今は身体機能回復や社会復帰を意味する狭義として知られますが、もとはキリスト教の洗脳から開放される事がリハビリテーションが始まったと教わりました。
その先輩も宗教的中立の立場であるはずの支援者として、職員研修とはいえよく話してくれたと思います。
今は法人の常務理事兼事務局長として、理事長に次ぐNo.2まで出世しました。

しかし仰せの通り、日蓮党としては日蓮思想のダークサイドと向き合うことが、今後さらに必要なことだと思いました。
  • 2016-09-01 08:17
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2554]

ゲイ、レズは、何らかの媚薬でアブに転落したのでしょう。聖書、クルアーンも認めていません。昔の谷川雁は、農村にサークル村を作ろうとしました。男女の歌垣の場所です。ある意味極左の方が健全なナショナリズムかもしれません。笑い。テレヴイで久しぶりで日本赤軍のゴッドマザーの重信女史のご尊顔を拝しました。一人一殺の血盟団の系譜日蓮主義が、中東原理主義になっていることに、日蓮思想のダークサイドがあります。
  • 2016-08-31 21:15
  • 四明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索