現在の閲覧者数:

Entries

祥月命日

本年も10月31日、恩師・曽根日包上人の祥月命日がやってきた。
直筆の御本尊を奉掲し、御宝前を荘厳し読経唱題を。

当時創価学会員だった私に、興門派本山貫首として御本尊を書写して下さった。
この曽根猊下との出会いがなければ、もしかしたら今も創価学会員であったかもしれない。

私にとっては今日という日を起点に、1年が始まるようなものである。
これからもこの日を大切にしていきたい。







スポンサーサイト

コメント

[C2458]

蒼い海さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

命日や法事は普段忙しさに迷わされ、心を亡くしかける現代人にとって、お世話になった人への感謝の心を思い起こさせてくれる、記念の日であり行事であると良いですね。形式論になると愚痴も出てしまうのでしょう。

御本尊に関しては、鑑定してくれる人はいますが、機関は無いですね。鑑定人も必ずしも正確とはいえないと思いますので、家宝として大切にされるのがいいと思います。

  • 2015-11-08 15:42
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2457]

こんにちは。先日、父母の法事?を学会の墓苑で兄夫婦が企画して行いました。ほとんどの親族は真宗門徒でありつつも、常識のある方々でしたので、後で私になんだか坊さんもいない、修行もしないその辺のおっさんが、しかも椅子に座って、」なんなんだ?と嘆いていました。皆さんが帰宅した後、親族の悪口ざんまい。情けない、常識のない兄夫婦です。本来ならば、管理者様のように、故人を想い、追善の心を抱くもの。逆に心ある人になろうと思ったしだいです。別件ですが、昔、かなり古いお曼荼羅をいただいたものに、菊の御門がまわりにたくさんあり、破れもあり、対告者名はないようで、どこで見ていただいたらよいか困っています。まったく別件ですが。
  • 2015-11-08 12:52
  • 蒼い海
  • URL
  • 編集

[C2456]

彰往考来さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

3月なのに寒かったですね。

  • 2015-11-02 09:18
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2455]

もう曽根上人の祥月命日ですか。

本葬で振る舞われた一升瓶でのお燗が忘れられないです。

合掌。

彰往考来
  • 2015-11-02 08:06
  • 彰往考来
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索