現在の閲覧者数:

Entries

池上本門寺ご霊宝お風入れ

過日、彰往考来氏と池上本門寺ご霊宝お風入れ会に参詣する。

普段有料の宝物殿が、この日は無料開館され日蓮真蹟を中心に奉奠がなされる。
久々に日蓮真蹟大漫荼羅の前で合掌・礼拝した。

終了後は彰往考来氏が日蓮宗新聞社で買い物があるとのことであったが、残念ながら土日は休みのようであった。

晴天の真夏日で汗もほどほどかいたところで、蕎麦屋に入り麦般若で暑気払いを行う。
今回も彰往考来氏にご馳走になり大変恐縮であった。

彰往考来氏は、その後も図書館に行かれ調べ物をされたようである。
私には真似のできない、勤勉な先輩である。





スポンサーサイト

コメント

[C2428]

四明さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

本文には記しませんでしたが、当日は力道山の墓所もお参りしました。

そして首都圏随一の五重塔も。

池上本門寺に出向いた時には、毎回祖師堂に詣でて、旧国宝の祖師像にお参りします。

身池対論前後の池上の歴史を興味深く思っております。
碑文谷法華寺の天台宗改宗等、日蓮党にとって穏やかでない時代の渦中に、池上本門寺もあったと思うと関心がつきません。

  • 2015-08-10 20:50
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2427]

池上本門寺は、都内で有数の起伏に富んだ高台にあり、石畳を登るのも難儀します。搭中の院も富士門流に雰囲気が近く、興師と朗師が仲が良かったのゆえでしょうか。宗祖は、兵衛志殿の御供養に謝意を表しています。
  • 2015-08-10 20:37
  • 四明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索