現在の閲覧者数:

Entries

文月

首都圏では、まだ梅雨はあけていないが、この文月の間に梅雨はあける。

文月は来週の七夕、再来週には盂蘭盆会、海の日など、下旬には池上本門寺や岡宮光長寺等でご霊宝のお風入れも行われる。

ところで明日は半夏生で、この日に雨が降ると豪雨になりやすいといわれる。
首都圏では明日も天気が優れないようなので、お出かけの際には傘は必須と思われる。
夜には雲がなくなり満月がみれると良いが。

二十四節気での小暑から大暑をむかえるのも文月で、冷夏と予測される今夏であるが、この間にきっと猛暑日がやってくるのだろう。
私の両親も高齢になり、若い人よりも暑さを感じにくい体になっている。
高齢者に熱中症が多いのには、この暑さの感じにくさによる、猛暑日の炎天下での水分摂取不足と無理のしすぎである。
既に過日、親類の高齢の方が熱中症で倒れた。大事には至らなかったものの、これからの夏本番には十分注意が必要である。
特に「冷夏」の予報に喜んでいる方には、必ず猛暑日はあると思うので注意を喚起したい。

今回、会報第二号の件では、間があきすぎてしまった為、多くの方にご不便をおかけしてしまった。
この間にパソコンの入れ替えや、メールアドレスの変更などがあったことから、ご連絡をいただいたにも関わらず、不通状態の方もいらっしゃったようであり、大変申し訳なく思う。

以前、使用していたHotmailは、パソコンを乗り換えOSのバージョンもかわった時に、設定が上手くいかず使用できなくなり、現在は代表アドレスはブログ右下の「管理者への問合せ」を使用している。こうした細かい事の対応が不足していた為に行き違いもあったようなので、以後気をつけていきたい。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索