現在の閲覧者数:

Entries

会報第二号関連

だいぶ期間があいてしまいましたが、現在会報の第二号を印刷製本の見積もり段階です。

創刊号にて寄付金(賛助費とは別)をお納め下さった方々には、第二号を贈呈させていただきます。
つきましては、発送先等に変更のある方は、以下よりご連絡ください。
誠に勝手ながら6月9日(火)までにお願い申し上げます。


管理者への問合せ

期間内に特にご連絡のなかった場合は、製本完了し次第創刊号と同じ発送先宛お送りさせていただきます。

一般の方々へのご案内は、また別途このブログにてさせていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。





スポンサーサイト

コメント

[C2414]

蒼い海さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

また過分なる激励のお言葉、誠に恐縮です。
だいぶ遅れてしまいました。
皆様には大変申し訳なく思っております。

これに懲りず、前を向いて進んでいきたいと存じます。

  • 2015-05-30 04:56
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2413]

このたびはお忙しい中、会報を製作されたとのこと、すばらしいことです。いつまでもいつまでも学問を学んでいく姿勢に、感動です。心からうれしく思います。
  • 2015-05-29 22:56
  • 蒼い海
  • URL
  • 編集

[C2412]

愛国沙門さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

なんとか諸兄の協力あって第二号の発刊にこぎつけそうです。

もうこれ以上、日蓮聖人を貶める団体は出てきて欲しくないですね。

閲覧者の増加、おめでとうございます。

  • 2015-05-26 22:50
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2411]

ご苦労様です。第二号、期待しております。メールアドレスに、銀行口座を、お教えいただけますならば、寸志、お振込をさせていただきます。さて、戦前「死のう 死のう!」を連呼し、田中智学居士、妹尾義郎居士の、抹殺を企てた「死のう団」こと日蓮会の復活を、目論んでいる方が、現在、おられるのですね。自分のブログに書かせていただきました。兎も角、本日、延べ閲覧者「5 5 5 5」名を突破致しました。
  • 2015-05-26 21:32
  • 愛国沙門
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索