現在の閲覧者数:

Entries

不急不要の外出は避ける

花粉による症状がひどくなってきている。

今年は抗アレルギー薬と咳と嚔の漢方、点眼薬を早くから使っているが、ここのところ咳と嚔がひどくなってきている。

こんな時は無理に外に出ずに、自宅でじっくりと本でも読めば良いのだろうが、もともと勉強嫌いで集中力の無い私が、一冊の本と長時間向き合うのもこれもまた難儀な話。

暖かくなるのは喜ばしく、桜の開花も待ち遠しいが、花粉の飛散が収束してくれるのも待ち遠しい。

週二程、少々激しく体を動かす格闘技ジムに通っているが、激しい動きは真冬に半袖半ズボンでも大量の発汗があり、今の季節で言えば、嚔や咳が出ない。これは交感神経が優位になるかららしい。
酒飲みの私には、これ以上薬を増やすわけにはいかない。肝臓が既に悲鳴をあげているのだ。
狭い集合住宅で、激しい運動はできないが、少し汗をかくくらい体を動かして様子を見てみよう。

来月は日蓮党では立宗会や富士門流でもお風入などが始まる。
ご高覧の皆様もどうぞお体ご自愛の程を。




スポンサーサイト

コメント

[C2358]

彰往考来さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

私は花粉症デビューしてはや30年になります。
通っていた高校の隣が女子高で、なんと杉の木で結界?がはられていたのです。
ですので、私の通った高校には花粉症になる生徒が多く、春先は机の上にトイレットペーパーを持ってきている生徒がたくさんいました。
今はどうなっているのかわかりませんが。

  • 2015-03-17 07:07
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2357]

四明さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

かつてテレビでもやってましたね。
杉の木の大量伐採が原因で、杉の木は種属を絶やさない為に大量の花粉を飛ばすようになったと。
これが本当だと、杉の木には「意思」があるようで、何か神秘的なものすら感じますね。

  • 2015-03-17 07:03
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2356]

行者忍辱さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

「急な法務」これがあるので体調には常日頃気をつけなければならない世界ですね。

マスクをして読経するわけにもいかないでしょうし、読経中に鼻をかむこともできないでしょうから、私には無理な世界です。

お疲れ様です。

  • 2015-03-17 06:59
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2355]

花粉症は江戸時代にはなかったのだから文明病といえる。文明病という限りは文明人(知識人とか)がかかり原始人はかからないと思いきや、原始人の代表格である(と私が思っている)うちのカミさんがひどい花粉症であるから、少なくとも文明人だけがかかる病気ではない。テレビを観ると猿も花粉症になっている。しかし犬は花粉症にはならないみたい。わけがわからないが猿がなるということは原始人だからかからないということではなく、要するにヒトであるなら誰でも花粉症になるのであろう。ではなぜうちのカミさんが花粉症で私が花粉症ではないのか?ひょっとすると文明人(少なくとも私は自分を原始人とは思っていない)は花粉症にはかからないのか。いやいやそんなことはない。長い間ナゾであったが昨日の明け方に起きたところ鼻水が止まらない。今日の明け方も同じ。幸い日中は収まっているのだが、いよいよ私も花粉症の仲間入りのようだ。今日からマスク生活である。

彰往考来
  • 2015-03-16 12:38
  • 彰往考来
  • URL
  • 編集

[C2354]

新嘗のみ祭果てて還ります君のみ衣夜気冷えびえし皇后美智子さまの御歌
花粉症は、戦後林業が日本原産のぶなから杉に切り替えてから花粉の山嵐を巻き起こすことになりました。自分も花粉症に悩まされ、集中力に欠ける時は、ルイージ・ノーノ、クセナキスの音楽を聴いてモチベーションを高めるべくキープしています。V6のロックオペラkeep onアイドルグループ超えています。
  • 2015-03-15 23:32
  • 四明
  • URL
  • 編集

[C2353]

梅、桃、桜が咲く、弥生ですが、世の中、あまり嬉しいことは、思いあたりませんね。濁世ですね。間もなく、地下鉄サリン事件の日も、めぐってきます。先日も、勉強会の仲間の、某師や、日宗管内の、某師と談話をした中で「不惜身命なればこそ、身体をいとうて、行こう」と言う、話題となりました。私は、飲食を調整することを、意識しながら、急の法務は、目薬をさしながら、行っております。
  • 2015-03-15 22:27
  • 行者忍辱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索