現在の閲覧者数:

Entries

興師会

2月7日は富士門流門祖日興の祥月命日。

関連の寺院で思いのあるところは、門祖会を執し、あるいは本山で行われる年中行事に出仕・参詣となるところだろう。

日興門流の総本山といって良い、北山本門寺では開山会として、毎年この日に限り本堂ではなく妙蓮寺より譲り受けた堂宇・開山堂にて法要を営み、日興御影を開扉する。

もう何年も前に参詣して以来出かけることもなかったが、この間に貫首の代替わり等もあったが、同様に施行されているのだろうか。

私は今は長女の学費工面の為、交通費やお供えの費用を節約する立場にあって、今回も参詣は見送った。
春のお風入には参詣したいと思っている。





スポンサーサイト

コメント

[C2465]

薦僧さん、

はじめまして。
この度はご高覧並びにコメントをありがとうございます。

また管理不行き届きで、気づくのが遅くなり大変失礼しました。

情報提供に感謝します。


  • 2015-12-10 08:11
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2463]

富士美術館を垂迹堂の再現と位置づける日達上人の言葉が、同館の開館記念特別展の図録の挨拶文に載っていたと思います。
  • 2015-12-03 00:55
  • 薦僧
  • URL
  • 編集

[C2341]

四明さん、

お手数をおかけしてしまったようで申し訳ございません。

私も戸田時代からの大白や聖教縮刷もあるので、時間があるときにこまめに点検してみます。

  • 2015-02-14 22:13
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2340]

散失甚だしく現存する会長時代資料からは見つけることができませんでした。記憶の限りでは、日興上人が垂迹堂を建立することで、仏像を集めようとしたように、富士美術館に世界の美術品を収集したい、という発言趣旨でした。折伏論者、日寛教学プロパーからは流石に動執生疑がありましたが、日興上人を水戸黄門の印籠として持ち出して消極論を押しきったようです。会長時代の学会は、石田氏をはじめとする戸田門下、北条氏をはじめとする法華講系、池田氏直系の西日本と水滸伝の豪傑ぞろいでした。
  • 2015-02-14 21:36
  • 四明
  • URL
  • 編集

[C2339]

四明さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

池田氏が富士美術館建設に日興の垂迹堂構想を参照していたのは驚きですね。
何かに出ていますか?
新旧の池田会長全集、講演集、広布第二章の指針など、一通りの池田会長時代の資料は集めてありますので、ご教示戴けますと幸甚です。

  • 2015-02-11 18:59
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2338]

日興は、陸士の授業でも教えられた熱原法難の法華講衆の指導教師であったわけですが、日蓮が武家を主な教化対象としたことに対し、最下層の農民を聞法下種した功績があります。日向と神社参詣で確執がありましたが、重須垂迹堂構想は、日興の思想に変化が生じたのかは定かではありませんが。近代に池田氏が富士美術館構想にあたって日興の垂迹堂が参照されています。
  • 2015-02-11 18:25
  • 四明
  • URL
  • 編集

[C2337]

行者忍辱さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

また御開山会並びに祖廟参詣お疲れ様です。
流行病が巷に溢れておりますので、どうぞお体ご自愛くださいませ。
体力が落ちると、思わぬ流行病を拾いかねませんので。

再拝




  • 2015-02-09 22:54
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2336]

こんばんは。7日、午前11時より、御開山会に、参拝、内陣、寺院席にて、壽量品全文読誦、二箇相承拝読、御廟参拝、御齋頂戴。帰りは、御師僧様と身延参拝。師僧は、山梨県北杜市なので、帰られ、私は、身延門前町の旅館泊。翌日、大本堂勤行参拝と、日蓮大聖人大祖廟、日興上人廟、阿仏坊日得上人廟参拝、午後1時10分の、山梨交通高速バスで、帰路につきました。いささか、疲れております。
  • 2015-02-09 22:24
  • 行者忍辱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索