現在の閲覧者数:

Entries

両親閣妙蓮寺

両親閣JPG

画像はご存知のとおり、日蓮宗宗門史蹟両親閣妙蓮寺の御廟堂である。

先般、千葉県の日蓮宗寺院を数ヶ寺まわった。
日蓮交差点より小湊誕生寺と逆方向すぐのところにある。

御主題をお願いすると、書き終わるまで自由にお参りをということで、御廟堂を御開扉して下さった。
参詣された方は承知のことと思うが、この御廟堂の中にお大きな宮殿があり、その宮殿の中に日蓮父母の御廟がある。
宮殿後ろ左には妙日、右には妙蓮の石像が安置され、宮殿の真後ろには棟板本尊がある。

御廟の御宝前にてお線香をたて、開経偈、自我偈、御題目とお参りさせていただく。

お参りのあとは、薄墨白五条の袈裟衣姿の日蓮が描かれたパンフレットを頂戴し、御主題を受け取った。
御主題の上には「本日はご参拝下さりご苦労様でした。合掌 小湊妙蓮寺」と書かれた挟み込みの御朱印受けが入っていた。

丁寧なお寺だと思った。




スポンサーサイト

コメント

[C2194]

四明さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

山中氏に怒られることを気にせず、日蓮と密教につき、今後とも議論とご教示をお願いいたしたく存じます。

東之坊地しかり、係争は日蓮党の宿命のようですね。この点も引き続きのご教示をお願い申し上げます。

  • 2014-05-27 22:51
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2193]

「小松原法難」は、法華と浄土のイデオロギー的対立の側面も重要ですが、東条郷に日蓮の有力檀那の女性信徒の所領をめぐる訴訟・係争が背景にあります。北条氏は嫡子相続のみを認めはじめ女子相続を排除しようとしました。東条影信は北条氏と近い関係にあったことから、日蓮門下和党に弾圧を加え、日蓮の額に刀杖を加えた小松原法難を惹起せしめたのでしょう。日蓮宗富士門流の置かれた立場は非常にセンシティヴなものありますが、これからは「史料の共有化」が、旧本門宗の復興にもつながるのでは。空海の即身成仏観を日蓮は批判しました。然し、三大秘法と云い、花押と云い、利剣と云い何らかのインスピレーションを日蓮は空海から受けなかったか。是如何。日蓮と密教の関係というと「聖人研究の第一人者」として名高い山中氏からこっぴどく怒られそうですが。
  • 2014-05-27 18:30
  • 四明
  • URL
  • 編集

[C2192]

行者忍辱さん、

ご高覧並びにコメントをありがとうございます。

今回は鏡忍寺⇒妙蓮寺⇒藻原寺の順んで千葉県の日蓮宗寺院をまわりました。最終の藻原寺に14:30着の縛りがありましたので、多くはまわれませんでした。何故、午後藻原寺に行ったかは次週報告致します。

実は鏡忍寺の前に富士門流の寺院に行ったのですが、空いていた本堂に入ってお参りしようとしたら、こっぴどく怒られまして、結局追い返される始末でした。

やはり日蓮宗の富士門流のお寺さんは、創価学会や日蓮正宗、安房妙本寺など日蓮宗以外の富士門流やカルト団体との間でトラブルがあると思われまして、檀家以外のものには警戒心が強いと思いました。

  • 2014-05-25 05:28
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2191]

天津小湊を、巡拝する際、妙蓮寺、誕生寺、清澄寺、鏡忍寺の順が正しいと思われます。時間が許せば、日登寺、花房の蓮華寺、天津神明宮も良いです。しかしながら、それぞれの予定と、体調などの条件がありますので、あくまでも参考でございます。
  • 2014-05-24 22:55
  • 行者忍辱
  • URL
  • 編集

[C2190]

彰往考来さん、

「妙蓮」が日蓮生母の戒名だから妙蓮寺なんでしょうね。

両親閣妙蓮寺の近くには、天台宗西蓮寺があるはずですが、今回の旅では探しきれませんでした。

両親閣の前には、鏡忍寺にお参りし故曽根猊下の次男さんに御主題を書いていただきました。

  • 2014-05-24 18:49
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2189]

両親閣妙蓮寺とは別のお寺ですが千葉県鎌ケ谷市にある妙蓮寺には日蓮母親誕生の地という伝承があります。

http://chibahatu.jugem.jp/?eid=825


彰往考来
  • 2014-05-24 08:49
  • 彰往考来
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索