現在の閲覧者数:

Entries

七夕の日に

今日は七夕。
猛暑日であったが、夜空はきれいである。
しかし天の川は無い。

今日は次女が英検を受けるとの事で、半日付合ってつぶれた。
待っている間、ヴァスバンドゥの「成業論」の一部を読んでいた。

法華経をはじめとする大乗は非仏説であろう。
それでもナーガールジュナとヴァスバンドゥの思想には学ぶべきところが多い。

これまで法華・天台・日蓮・富士門といったカテゴリーの中にいた私には、正直難しいと理解に苦しむ内容も多い。
しかしまた新鮮でもある。
ナーガールジュナとヴァスバンドゥの思想を通じて、その批判対象となっている部派仏教の教理も、深化した思索に思索を重ねた結晶であるように思える。

はたしてどれがブツタの思想に近いのか、何時になったらその判別ができる能力を培えるのか。
長寿社会にあっては、中年となった私もまだまだ青二才。焦らずに、何度でもはじめの一歩にもどって学習を続けたい。

あと二週間後には参議院議員選挙の結果が出る。
大どんでん返しは起こらないだろうが、一有権者として責任ある投票行動を行いたい。
投票率が下がることは、組織票を持つ政党に有利になる。
このブログを御閲覧の方々には、是非ともそれぞれの意思による投票行動をお願いしたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

[C1821]

愛国沙門さん、

御高覧並びにコメントをありがとうございます。
日蓮宗にも中論をすすめる先生がいらっしゃるんですね。
愛国沙門さんの常に学問を志す姿勢には、いつも頭が下がります。
  • 2013-07-08 21:22
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C1820]

八宗の祖師と呼ばれる龍樹菩薩。千葉県で結社(日蓮宗)を開く私の友人が「M君、龍樹菩薩の中論を読まなきゃ駄目だよ!」と仰有った事を、思い出しました。志すには、年齢関係無し。中論読んでみます。
  • 2013-07-08 19:54
  • 愛国沙門
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索