現在の閲覧者数:

Entries

富士宮 其の④ 西山本門寺 御霊宝お虫干し

先の北山本門寺では、御霊宝御風入と呼称する宝物拝観の法要が、西山本門寺ではお虫干しと呼ばれる。石山系では虫払法要という。さて、芝川町も富士宮市となり、高齢化・過疎化による町経営の困難さに、一つのバックボーンが追加された。富士宮市は名実ともに、富士五山の宝物の宝庫となる。日蓮真蹟本尊、日興真蹟本尊、日代真蹟本尊の他、文化財である日蓮・日興の真蹟遺文などが奉奠・お披露目される。また奉奠されなかったが、...

富士宮 其の③

北山本門寺の御風入会では、真蹟遺文「上野殿母尼御前御返事」第二十九紙が奉奠。目録解説には、本状は小泉久遠寺所蔵の同第二十八紙の続きで、小泉久遠寺蔵分の終わりが「里やう山浄」で終わっていることから、北山本門寺所蔵分の冒頭は「土へ」と読むべきと解説。なお昭和底本日蓮聖人遺文では、同箇所を「土へ」ではなく「とく」と翻刻している。また日蓮本尊の写しが奉奠されていた。通常、写しの類はお目にかかることが困難で...

富士宮 其の②

③太刀(形 態)一振(寸 法)ツカ二三・六センチ サヤトメニ・六cm サヤ七七・六cm 刃身七0・九cm( 銘 )「宝治二年八月十五日/榊國作」(西暦一二四八)    ※右掲書には「宇都宮弥四郎下野守藤原泰綱為持送日興方江中納言泰奥」とある。以上は、「日蓮宗大本山富士山本門寺根源 平成二十七年度 御霊宝御風入会 奉奠目録」2頁に掲載されたもので、北山本門寺第一の霊宝生御影尊像の御宝前に、本年第二の霊...

富士宮 其の①

昨日は統一地方選の第一弾が終了し、本日は新年度最初の日蓮命日でもある。あわせて富士宮では、北山本門寺にて御霊寳御風入会が厳俢され、懇意にしていただいている御僧侶からのお声かけも頂戴したので、参詣させていただいた。いつも富士宮まで出向くと、いくつかの寺院を参詣してまわるのだが、本日は雨と冷気、そして風が強く大日蓮出版での買い物と北山本門寺の御風入会だけに絞った。大日蓮出版では、当ブログをご高覧いただ...

日蓮と密教

画像は東京国立博物館蔵の「北野天神縁起絵巻断簡」に登場する、吉野の真言密教・修験の行者日蔵上人と菅原道真の謁見図である。左手前の薄墨の衣に白の五条袈裟が日蔵上人である。日蓮の光日房御書(身延曾存、新潟本成寺に本状の草案と思われる断簡あり。)には、『而れどもいまだゆりざりしかば、いよいよ強盛に天に申せしかば、頭の白き烏とび来たりぬ。彼の燕の丹太子の馬・烏の例、日蔵上人の「山がらすかしらもしろくなりに...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索