現在の閲覧者数:

Entries

年末のご挨拶

創価学会を考える

三鳥派と身延日亨

乍恐指上申一札の事拙寺末武州川崎町妙遠寺当住日忍儀は妙本寺廿一代日達弟子にて法脈慥に御座候。右日忍妙遠寺住持に申付候年来は元禄十三辰の年迄三十年に罷成候。尤今般御吟味の三鳥派に紛敷事曽て無御座候。仍て書付指上申候。以上。 享保十四已酉年十一月十六日 房州吉浜村 妙本寺寺社御奉行所以上は、高橋粛道著「近世異流義集成」に収録された妙本寺文書である。三鳥派関連は江戸及び駿河の大石寺、西山本門寺、北山本門...

資料整理

御影ー神仏の姿ー

本日は過去とある国の一部の島への攻撃布告等、いくつもの歴史に残る出来事のあった日である。しかし仏教徒としては、成道会として日蓮本仏圏を除いては日本仏教寺院の多くで、何らかの年中行事を行っていると信じたい。と、いうのも、金にならないことはやらない昨今の寺院経営では、葬儀・法要、墓地分譲、ご祈願、ご供養、などなど、集金活動が優先されているところも多分にある。私は今日はご縁のある天台宗寺院で成道会に参拝...

地域住民が創価にNO!

新宿 閻魔大王

前回の続きとなるが、画像は新宿御苑近郊の浄土宗太宗寺の閻魔大王である。日蓮門下にとっては「謗法」と感じるだろうか。この閻魔像は新宿区の指定有形民俗文化財で、木造、総高5.5メートル、文化11年(1814年)に安置されたもので、造像もその頃とされている。しかし弘化4年(1847年)3月5日に目が盗まれ補修。そして関東大震災で胴体部分が大破し、昭和8年に再造されている。戦前ではあるが、近代以降の出来事...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索