現在の閲覧者数:

Entries

一個人【保存版特集】日本の新宗教入門

宗教学者・島田裕巳氏も寄稿する「一個人」は、宗教や歴史関係の特集がなかなか面白い月刊誌である。本年9月号は保存版特集の「日本の新宗教 入門」である。定価は680円と手ごろである。新宗教の各論に入る前に、全宗教法人信者数ランキングが掲載される。これは文化庁の宗教年鑑平成24年版及び各教団の公称人数によるが、創価学会に関しては信徒数ではなく世帯数なのでわかりにくいが、大凡1000万程度が実質会員数であろうと思わ...

大乗経典と大乗思想

先般から記しているように、またもはや仏教関連の学術団体等によって認知される通り、大乗経典は仏説ではないだろう。しかしナーガールジュナやヴァスバンドゥの大乗思想には学ぶべきものが多い。創価学会員時代、今世に罪障を消滅し成仏すれば、来世は必ず幸せになると云われた。しかしこれは完全なまやかしであった。今世にアルハットとなりアーラヤ識が消滅すると、ニルヴァーナに入り二度とこの世界には生まれてこないのである...

別冊太陽 日蓮

画像は「別冊太陽 日蓮」(渡辺宝陽・中尾堯監修)に写真掲載された、北山本門寺客殿の御宝前である。同誌には、「真蹟曼荼羅本尊は少数であり、貴重であることから、複製の(形木本尊)を作成したり、木板に掘ったり(板本尊)を法華堂に掲げる例もある。この北山本門寺のご本尊の様式は、古式を今に伝える。板本尊向かって右が日蓮聖人像、左が日興聖人像。」とある。『向かって』といった場合は、逆ではないのか。立正大学・日...

その瞬間はある日突然やってくる

私が創価学会員時代最後に入会させた友人が癌の為亡くなった。12年前の参議院選挙の時に、同じマンションの創価学会員ではない方と不在者投票に行く約束をしたところ、その方が自分の友達も一緒に連れてきてもいいかというので、当時の私は喜んでお受入れした。ところがいざ予定日当日になると、同じマンションの方は急遽キャンセル。全くの初対面であった、同じマンションの方の友人とのみ一緒に投票に行くことになった。それが知...

七夕の日に

今日は七夕。猛暑日であったが、夜空はきれいである。しかし天の川は無い。今日は次女が英検を受けるとの事で、半日付合ってつぶれた。待っている間、ヴァスバンドゥの「成業論」の一部を読んでいた。法華経をはじめとする大乗は非仏説であろう。それでもナーガールジュナとヴァスバンドゥの思想には学ぶべきところが多い。これまで法華・天台・日蓮・富士門といったカテゴリーの中にいた私には、正直難しいと理解に苦しむ内容も多...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索