現在の閲覧者数:

Entries

またまた話題

『曽存』について

「常の所作」は正しかった

仕事の疲れから、昨晩は早く就寝した。そのせいもあり、今朝はいつになく早起き。先般、「常の所作」について、方便品の長行と寿量品の長行読誦を述べたが、やはりこの所作が正しいと思う。前回は他教団の読経を批判するつもりは無いと記したが、一部の正信会を除く日蓮正宗も、日蓮宗も、安房妙本寺も、西山本門寺も、日蓮本宗も、当然創価学会も、その他の日蓮系教団も、その読経は宗祖が示した「常の所作」には当たらないと明言...

山川智應著『聖祖門下各教団合同の根本的可能性を論ず』連載始まる

「開目抄要文」抜粋

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索