現在の閲覧者数:

Entries

近代富士門流の動向 - 北山本門寺 -

昭和16年興門派の統一教団「本門宗」は、顕本法華宗、日蓮宗(一致派)と三派合同を行い、新たに日蓮宗を結成する。その翌々年の昭和18年、興門派の大本山北山本門寺貫首井上日光上人が御遷化。次期貫首の招聘を身延山法主望月日謙師に要請し、立正大学教授を務められた学僧片山日幹師の晋山が決まる。日幹師は法灯継承に血脈相伝を重んずる富士門流の化儀を尊重し、自ら当時の興門派の最長老であった京都本山要法寺に足立日城...

近代富士門流の動向 - 延岡本東寺 -

風邪をひく

新年のご挨拶

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
ブログ「冨士教学研究会 管理者のオワコン日記」へようこそ!
日蓮正宗・創価学会等の富士門流関連寺院・諸団体に関する議論は、池田大作氏の影響力低下と、諸賢の研究・考察・発表等によって、概ね結論はみえてきました。
それと同時に、冨士教学研究会の役割もほぼ終わりかけていると思います。
今後は、政治・宗教・社会等の問題を気ままに記してまいります。
更新頻度は特に定めません。皆さんも時間のあるときにのぞいてみてください。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索