現在の閲覧者数:

Entries

スポンサーサイト

日禅に関する点と点②

前項に引き続き、史資料の少ない日禅に関する点と点を考えてみたい。川﨑氏は法華仏教研究第25号「日禅に授与された漫荼羅本尊の来歴について」の中で、日禅南之坊創建及び示寂に疑問を呈している。確かに確証ある史資料は私も知らない。しかし、そう時代が下らないものとしては、安房妙本寺蔵「大石寺敷地分割図」があり、これまた不思議なことに興風第13号の坂井法曄「道郷論争と大石寺東坊地の係争」にその翻刻が掲載されている...

日禅に関する点と点

昨年暮れに2冊の本が手元に届いた。法華仏教研究第25号及び興風第29号である。興味深い事にどちらにも、日禅あるいは日禅に授与された本尊に関する論考が寄稿されていた。法華仏教研究には、川﨑弘志「日禅に授与された漫荼羅本尊の来歴について」興風には、坂井法曄「日興の生涯と思想(4)-これまでのまとめと補遺-」長くなるのでまとめから記すと、川﨑氏は日禅授与漫荼羅について、以下の来歴を推定している。弘安三年五月...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
「冨士教学研究会 管理者のblog」へようこそ!
宗教(特に富士門流関連)、政治、経済、社会の課題について、自分なりに感想を述べていく場とします。必要に応じ立証形式になる場合もあるかと思いますが、基本は「感想」を述べる場です。ご理解のほどお願い申し上げます。
但し、感想といえども他者や団体等に対するヘイトととらえられる場合、人権・名誉等を著しく侵害し、法令に反すると思われた方は右下の「管理者への連絡」からお知らせください。記事の削除等、必要な処置をとらせていただきます。

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。